更紗、キャリコって何?

金魚には更紗(さらさ)、素赤(すあか)、キャリコとかいうのがありますが、これは金魚の体表の色やデザインを示す用語のことです。

その他には黒、青、茶、白があります。

更紗とは白と赤の色が混じっている模様のことでポルトガル語のサラサからきています。
素赤とは文字通り全身が赤いこと。
赤をやや黒く濃くした色をいいます。
白にやや青みがかった色です。

そしてキャリコとは赤と白と黒の3色が混じったまだら模様のことをいいます。

また白といってもタンチョウという金魚は頭だけは赤です。

そういえば金魚にもそれぞれの色がありましたよね。
色や模様に名前があったなんて面白いですね。


>>日本一に輝いた山田芳人のらんちゅう飼育法



その他サイトも参考に
らんちゅうの産卵と稚魚
らんちゅうの餌を選ぶ
らんちゅうと青水
【らんちゅうの最新記事】
posted by ranchu at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | らんちゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。