らんちゅうの種類

らんちゅうにはいろいろな種類があるそうですが、まずは系統というのがあるようです。

大きく分けて大阪筋、京都筋、宗家筋という3つがあり京都筋は宇野系尾島筋と呼ばれたりしますし、宗家筋は協会系と呼ばれ岡山系浜松系はこの系統なのだそうです。

らんちゅうは中国原産のマルコといわれる金魚から進化したといわれていますが、驚いたことにこれらの3つは違う種類の魚とされています。

表にしてみるとこんな感じでしょうか

-----------------------------------------------------------------------------------------                     名 称           亜系統          特徴
-----------------------------------------------------------------------------------------
大阪筋                  鼻ヒゲが発達している

京都筋(宇野系、尾島筋)          肉瘤が発達している
     
宗家筋(協会系)   岡山筋、浜松筋    きれいな尾の形

-----------------------------------------------------------------------------------------

らんちゅうはいろいろと奥が深いようです。

>>日本一に輝いた山田芳人のらんちゅう飼育法


その他参考サイトはこちら
らんちゅうの通販
宇野系らんちゅう
ビッダーズでらんちゅうを得る
【らんちゅうの最新記事】
posted by ranchu at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | らんちゅう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
健康維持
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。